酸洗いは金属加工の終盤で行われる洗浄方法

酸洗いとは金属の溶接などの加工が終わった後、表面についた汚れを落とすために行われる化学洗浄の一つです。文字通り酸溶液に製品を浸して表面の汚れを溶かして、溶接の際に付いた煤などのスケールや付着したグリースなどの油汚れを落とすことができます。研磨などで部分的に洗浄する方法とは違い、全体を均一に洗浄出来るため汚れの落とし残しが起きにくく金属加工製品を扱う工場の殆どで行われている基本的な工程の一つでもあります。

酸洗いを行うメリット

酸洗いには様々なメリットがあります。中でも特に重要なのがステンレスの防錆性能をきちんと引き出すためには酸洗いが欠かせないという点です。ステンレスがサビを防ぐのは不動態皮膜という被膜が表面に張ってあるからであり、その不動態皮膜はステンレスの中に含まれるクロムが空気に触れて反応することで生まれます。しかし表面に汚れ等が付着しているとうまく皮膜を形成できず、被膜の隙間から水分などに触れて錆が発生してしまうのです。酸洗いでは表面の汚れを均一にしっかりと落とすことができるため、表面全体が均一に空気と触れてムラのない不動態皮膜を形成する事ができるので、ステンレスは不動態皮膜にしっかりと守られて錆びない金属になることができるのです。

また擦って汚れを落とす洗浄方法などと違って酸洗いでは製品に圧力が掛かることがほとんどありません。そのため変形しやすい細工物なども、形を変える事なく綺麗にすることができ、アクセサリー洗浄などにも適しています。

酸洗いとは塩酸や硫酸などの酸を用いて金属製品を洗浄する方法です。スケールと呼ばれる酸化被膜やさび等を除去する目的で行われます。比較的安価で様々な大きさの製品に使用できるのが特徴です。

お知らせ